AKB48・16期生の感想&SKE48の今後について思うこと

AKB48・16期生の感想&SKE48の今後について思うこと

 

時間があったのでようやくAKB48・16期生を観ました。
「AKB48劇場11周年特別記念公演」です。
写真では分からないので、動いてるところを観ることができ、だいたい分かりました。

 

率直な感想は「かなりビミョー」。
どういう意図があってあの19人を選んだのか教えてほしいくらい。

 

パフォーマンスはお話にならないレベル。
11周年記念公演にあれだけの尺を取るなら、もっと練習させないとダメでしょう。
完全にお遊戯です。
特にユニットがあんなレベルでは、ステージに上げてはいけません。
お金を払っているお客に失礼ですよ。
初めてだからなんていうのは単なる甘えです。
とにかく酷い出来でしたね。

 

19人の中で1人だけ気になる子がいました。
『あれ!?見たことあるぞ、あれ!?名前も聞いたことがある・・・』
その子が「道枝咲」。
ちょっと調べてみると、ドラフト2期で最終まで残った子でした。
動画で観た記憶があって、ドラフト2期の中では気に入った子の1人でした。
当時の印象は、まだ12歳ながら大人っぽい顔立ちで好印象だったのですが、いかんせん体型がまだ幼児体型だったので、さすがにまだちょっと無理でしょう、という感想でした。
再挑戦して合格したんですね。
1年でだいぶ身長が伸びましたし、13歳とは思えない大人っぽい雰囲気はそのままで、16期の中で最もルックスがいいんじゃないですか。
影があるのがとにかくいいです。
パフォーマンスは酷い出来でしたので、そこはこれから頑張ってほしいです。
あの顔立ちは、成長と共に劣化しないタイプですから、一直線に美人になるでしょう。
クール系の曲はハマりますが、ブリブリのアイドルソングはどういう感じになるのか興味があります。
16期の中で一番期待します。

 

次に「前田彩佳」。
美形ですね。
ただ髪型が似合っていません。
髪の量が多いのかすごく重たいので、もっとすっきりさせたほうが綺麗な顔立ちが生きると思います。
MCを観ましたが、気が強そうですね。
16歳という年齢もありますし、男遊びに走らずアイドルに一心に努力できれば期待できるかもしれません。

 

運営の一押しはこの2人ではなく、「田口愛佳」という子のようですね。
「渚のCHERRY」で黄色をしていましたから。
生駒ちゃん(生駒里奈)をちょっと太くした感じ。
秋元氏が好む、センターの定型パターンのような子ですね。

 

「ハート型ウイルス」は生歌のようでしたが、あの3人はちゃんと歌えていました。
あの3人が歌えるのか、それもと歌える子だけを入れたのか。
前者ですかね。

 

16期の初見は、かなりビミョー、それが感想です。

 

さてSKE48に関して思ったことを少し。
紅白総選挙はかなり厳しい結果になりました。
が、想定されていたことです。
NGT48を除けば、48&46グループの中で「一般層」から最も関心を持たれていないグループに、今現在なってしまっています。
これはSKE48運営のプロデュースミスの結果です。

 

では今後どうしたら復活できるのか?
私は方法が一つあると思っています。
それは、綾巴(北川綾巴)をセンターにすることです。
そしてそれをSKE48ファンが一体となって推すことです。

 

今のSKE48の方向性で進んだら、間違いなく地下アイドルに一直線に落ちていきます。
もうすでになりつつあります。
大切なことは、新鮮なルックスメンを中心にして、アイドルグループとして再生することです。
そのための「グループの顔」は、綾巴一択です。

 

ただし、SKE48ファンが綾巴をセンターとして承認し、推すことが絶対条件です。
それができないなら、世間の求めるアイドル像からかけ離れたアイドルグループとして、地下アイドルになるしかありません。

 

どっちを取るかです。
今の特殊な方向性のまま進み地下アイドルになるか、本来のアイドルグループに生まれ変わってメジャーアイドルに復活するか。
全てはSKE48のファン次第でしょう。
自分達が楽しめればいいということなら、地下アイドルでもいいでしょうが、それはメンバーの将来を奪うということです。
それでもいいのかどうかです。

 

私はSKE48には是非復活してほしいので、そのためには誰を「グループの新しい顔」にすることがベストなのか真剣に考えたほうがいいと思います。

 

以前から書いていることですが、珠理奈(松井珠理奈)はセンターを降りて、SKE48キャプテンになることです。
それが本人とグループのためです。
キャプテンというポジションが一番合っていると思います。
そして新センターを綾巴にして、それを人気と実力がある中堅が支えるのです。
この方向性で「小異を捨てて大同に就く」ことができれば、SKE48は再浮上することができるかもしれません。

 

それと名古屋の地上波でSKE48のレギュラー番組を持つこと。
これも必要だと思います。

 

以上、簡単ですが最近思ったことを少しだけ書かせて頂きました。

 

2017‎年‎1‎月‎9‎日‎ ‎8‎:‎40‎:‎07