NMB48・太田夢莉とAKB48グループのここ1週間(12/18~12/24)の感想とドラフト会議について

NMB48・太田夢莉 一万に一人の美少女

 

太田夢莉について
 

12月28日発売のBUBKAの2018年2月号は、絶対に買わないといけませんね。
付録にゆーりの特大ポスターがあり、「未来を背負う難波の純真」というグラビアと1万字インタビューがあるとか。
このインタビュー内容はかなり気になる。

最近のゆーりのロングのエクステのかつら感w
違和感しかない。

ゆーり本人も分かっているようなので安心していますが、ゆーりはアイドルでいる限りショートでいくのがベスト。
ゆーりのような個性がある美形はショートが最も映える。
ロングにすると個性が消えどこにでもいる並のアイドルになってしまうから不思議なものです。
圧倒的なオーラが消える。
断言しますが、ロングにしたら人気は頭打ちになりますよ。

アイドル(芸能人)は、自分に最も合う、良さを引き出す髪型やメイクが本当に重要。
例えばゆきりんがすっぴんとメイク後は別人というのは有名な話で、たかみなが冗談半分でゆきりんのメイク時間が2時間半から3時間と語っていましたが、自分の良さを最大限生かすために徹底的にメイクにこだわってベストのゆきりんを作り上げているからこそ、長年に渡りトップランクの人気を維持できたわけです。
ただ最近髪をばっさり短くしましたが、ゆきりんはショートは似合いませんね。
またまゆゆが一時期茶髪の前髪なしにした時期が続きましたが、急に老けた印象になってしまい「アイドル・まゆゆ」とは別人のようになってしまい、あそこでファンが結構減ってしまったと私は見ています。
それだけ髪型やメイクは人気に直結しているのです。

 

NMB48・太田夢莉 一万に一人の美少女

↑最新のゆーりの写真。
無敵の可愛さ。
ベストのゆーりには誰も敵いませんよ。
この路線で突き進めば間違いなくトップを取れる!
間違いなく。

18歳になり、20歳までのこの1・2年が本当の勝負です。
フラフラしている余裕はなく、NMB48のトップメンとして絶対的な安定感が求められます。
さや姉やまゆゆが天下を取れたのも、一切ブレることなく”自分のベストを貫き続けた”からです。
上の写真は正に「1万年に1人の美少女」に相応しい輝き、ゆーりのベストです。
この方向性がゆーりが最も輝く、天下取りへの道です。

2018年はゆーりがてっぺんを取れるかどうかの天王山になります。
ブレずに真っ直ぐ進みましょう。

 

Mステ スーパーライブ
 

まゆゆ卒業スペシャルのような感じでしたね。
観客のプラカードには驚きました。
AKB48グループファンは少数で、多くはジャニーズファンの女性でしょう。
その人たちにプラカードを書いてもらうという演出。
あれは一般層の好感度が高く知名度が高いまゆゆだからできたこと。
観客の笑顔がそれを雄弁に物語っていました。

「ラスト神7」が去った後、暗闇になるでしょう。

 

YNN 24時間テレビちゃん
 

全部はもちろん観ていませんが、40%位はリアルタイムで観れたと思います。
その中で良かったと思ったのが、「明石サンタ」ですかね。
MC側の3人のバランスがとても良かったし、企画として見事に成立していましたね。

ゆーりがMCで出ていた「不思議少女ナイルな聖夜」は修羅場でしたねw
最後にももるんがエリンギを食べた後のリアクションは笑った。

他のコーナーももちろん良かったですし、NMB48メンバーはファンを楽しませようという意識が強くあるのがいつ観ても本当に素晴らしいです。
YNNの企画もとても良かったです。

楽しかった。
長時間、お疲れ様でした。

 

第3回ドラフト会議
 

いまだファン代表が発表されていませんが、以前にも書きましたが本当にファンをドラフトの円卓に座らせるのはやめてもらいたい。
どこかの媒体で生放送(配信)されるでしょうが、アイドルヲタクといえば「チビ・デブ・ハゲ」さらに「ファッションセンスゼロ」のおっさんというのがステレオタイプのイメージですが、もしそんなヲタクばかりが円卓を囲んで小学生を含む未成年の少女を指名するなんていうことになったら、それは惨劇以外の何ものでもありません。
AKB48グループのイメージがさらに悪化します。
本当に、本当にやめてほしい。
人身売買を想起させるような気持ち悪いイベントにならないことを祈ります。

公式な円卓には支配人とメンバーが座って指名するようにしてほしい。
ファンは裏側にいて無線などで連絡を取り合うようにするなりして、どこまでも支配人とメンバーが最終的に指名したということを前提にしないとこのドラフトは失敗しますよ。

有名人ではない素人のファンを選ぶ場合、女性ファンを多くする、若いファンを増やす、服装は正装で、髪やメイクはプロがするのはマストです。
くれぐれもダサいおっさんファンばかりを選ぶような愚行はやめてもらいたいです。

 
 

さて、NMB48を第一志望にしている子を中心にSHOWROOMや合宿動画を何度か観て、最終的に判断しました。
これがファイナルアンサーです。

私が個人的に「NMB48に是非とも欲しい」と強く感じたのは3人です。

 

●68番 山本望叶

高1。

過去に2度書いていますので転載します。
「第3回 AKB48グループドラフト会議 候補者オーディション」から3人を選びました ※追記あり
NMB48・太田夢莉 「NMB48専念宣言」に思うこと

1,色白の美形
2,身長が15歳にして160cmある
3,NMB48を第一希望にしている
4,女性ファンの受け皿になれる(入口になれる)可能性がある
5,フォロワー数上位の実績がある

 

●31番 塩月希依音

小6。

ダンスがきれい。
現在身長が143cmということですが、手足が長いので身長がかなり伸びる可能性があるように思います。

いままでダンススタジオのようなところで先生に撮影されているSHOWROOM配信しか観たことがなかったのですが、一度自宅で配信しているのを観たら別人のようにリラックスしていて、それがかなり好印象でした。

笑顔がとても輝いていて、高い将来性を感じます。

 

●7番 泉綾乃

中1。

ロリ系釣り師という感じ。
声に特徴がありますね。
SHOWROOMではテンションがかなり高いですが、握手会でもずっとあの調子で対応できる体力や集中力があるなら、人気になるかもしれません。
ルックスは田中美久に似ていますね。

 

上記の3人はNMB48にとても欲しい人材です。
それ以外だと以下の2人が少し気になります。

 

●27番 佐藤亜海

高3。

かなり色気がありますね。
ルックスはいいです。

ただ・・・
危険な香りもします。
スキャンダルを出さないプロ意識があるなら人気が出る要素は多いにあると思いますが、その意識が薄いようなら入ってからやらかすような不安感があります。
取るか取らないか判断に迷う子です。

魅力はかなりあります。
高3ということもありますし、本人がアイドルとして本気で取り組む気持ちがあるなら有望メンになると思います。
全ては本人の意識次第。

 

●62番 南羽諒

中1。

柊ちゃんにどことなく似ていますね。
笑顔が印象的。
明るいキャラクターがNMB48のカラーにとても合っています。

何か売りになるものがあるなら、面白い存在になるかもしれません。

 

以上です。

 
 

2017/12/24 08:25


2017年12月24日 NMB48・太田夢莉とAKB48グループのここ1週間(12/18~12/24)の感想とドラフト会議について はコメントを受け付けていません。 NMB48 太田夢莉 考察・評論