ニコ生「NMB48 LIVE一挙放送」&TeamBⅡ「恋愛禁止条例」公演 感想・レビュー

ニコ生「NMB48 LIVE一挙放送」&TeamBⅡ「恋愛禁止条例」公演 感想・レビュー

 

ニコ生で配信された「NMB48 LIVE一挙放送」を観ました。
観たのは以下の通り。

 

・NMB48 Live House Tour 2016(昼公演)
・NMB48 Live House Tour 2016(夜公演) 梅田彩佳 卒業ライブ
・NMB48渡辺美優紀卒業コンサート
・NMB48 結成6周年記念コンサート『NMB48 6th Anniversary LIVE』

 

NMB48のライブは、過去に一度だけ観たことがあります。
もうかなり前、NMB48がまだ1期生だけの頃の劇場公演。
それ以降、NMB48の現場には行っていませんし、配信で観たのは昨年のリクアワのみです。
何故だかNMB48は興味が持てなかったんですよね、ずっと。

 

率直な感想は、「楽しかった」。
なんといってもメンバーが一所懸命にパフォーマンスをしているのがよく分かるので、とても気持ちがいい。
盛り上がる曲も多いし、現場に行ったらかなり楽しいだろうな、と感じました。

 

意外だったのは、MCが普通だったこと。
大阪だし、吉本ですからコントとかするのかと思ったら全くなく、他のグループと同じだったのがちょっと残念。
1コンサートに1つ位のコントをやったら独自性が出て面白いと思ったのですが、そういう奇を衒ったことはせず、歌とダンスだけで勝負するという方針なんでしょうかね。
普通過ぎて拍子抜けでした。

 

それと梅ちゃん(梅田彩佳)とみるきー(渡辺美優紀)の卒コンですが、卒業に関する演出は下手ですね。
ライブそのもののクオリティはすごく高いだけに、卒業演出に関してはグダグダな終わり方だったのは残念でした。
もっと感動的な演出ができると思いますが。

 

良かった点は、人気ナンバーワンのさや姉(山本彩)だけが目立つようなセトリやポジション、カメラワークになっていなかったところ。
かなり分散させていましたね。
まあさや姉卒業に備えて、意識的にしているのかもしれませんが、そこは良かったです。

 

生歌率が高かったのも良かったです。
口パクばかりだとつまらないですからね。

 

 

TeamBⅡ「恋愛禁止条例」公演をオンデマで観ました。

 

ゆーり(太田夢莉)は全体曲はたかみな(高橋みなみ)ポジで、ユニットはあっちゃん(前田敦子)ポジでしたね。
「長い光」の歌い出しの独唱はゆーり。

 

私はあっちゃんの「黒い天使」が大好きだったんです。
A5thの中で一番好きな曲でもあるし、あっちゃんのAKB48在籍時代の全参加曲(公演・CD全て)の中で一番好きでした。

 

話は変わりますが、「黒い天使」オリメンのれいにゃん(藤江れいな)が卒業を発表しましたね。
れいにゃんというとまいまい(大島麻衣)にくっついていた妹キャラのイメージが強く、その後ははるきゃん(石田晴香)の嫁、じゃんけん2位など、私の中ではAKB48時代で時計が止まっていたのですが、NMB48に移籍し今では頼りになるお姉さんになっていたんですね。
10年間お疲れ様でした。

 

黒天のあっちゃんは至高。
あれを観ると、『ああやっぱりこの人がナンバーワンだ』と理屈抜きに納得してしまう説得力がありました。
特に印象深かったのが、2012年の東京ドームでのあっちゃん卒コンで、まゆゆ(渡辺麻友)と珠理奈(松井珠理奈)とやった「黒い天使」ですね。
史上最も豪華だった「黒い天使」、あれはしびれたなあ~。
DVDを持っていないなら、どこかの動画サイトに落ちていると思いますので是非観てもらいたいです。
あれが「黒い天使」の完成形です。

 

その「黒い天使」をゆーりがやるとは・・・

 

黒い天使 太田夢莉

 

「黒い天使」は笑顔いっぱいのアイドルソングではないし、激しいダンスがあるダンサブルな曲でもないし、特別動きが難しいわけでもない。
かといって歌で聴かせるバラードでもない。
抑えた感情と動きで表現しなければいけない、逆に難しい曲。
例えるなら、アイドルというより女優が役に成りきって演じるような楽曲とでもいうのか、つまり本当の「表現力」が問われる曲です。

 

BⅡ初日のゆーりの「黒い天使」は、まだ初日ということもあり、かなりぎこちなかったですし課題が残りましたね。
あっちゃんの「黒い天使」の映像を何度も観て、研究したらいいと思います。
特に東京ドーム卒コンの「黒い天使」のパフォで勉強するといいですね。
あれが教科書です。
表情、目線、立ち方、体の入れ方、手足の細かな角度や動き、マイクの持ち方等々。
その上で試行錯誤して、ゆーりなりの黒天が完成すればと思います。

 

ゆーりは、センターに最も必要な”華”、それも圧倒的な”華”がありますので、後は魅せることができるパフォーマンスが身についたら怖いものなしです。
そういう意味では、あっちゃんのパフォーマンスが最も参考になると思います。
当時、アンチから「省エネダンス」と揶揄されましたが、あっちゃんのパフォーマンスは引き算のパフォーマンスです。
だぶついたものが一切ない。
自分自身の存在感と日頃の節制でキープし続けた抜群のスタイルに、無駄なもの余計なものを省き、”華”がある綺麗な動きが合わさった正に王者の舞い。

 

ゆーりは伸びしろがかなりあるので、今後が楽しみで仕方がないですね。
「まだまだこんなものじゃない」「もっと上のステージに行ける」、そう思っています。

 

2017‎年‎2‎月‎4‎日‎ ‎7‎:‎55‎:‎19