NEW・NMB48はセンター太田夢莉、エース白間美瑠がベストの布陣。最大の問題はリーダー

NEW・NMB48はセンター太田夢莉、エース白間美瑠がベストの布陣。問題はリーダー
 

NMB48は、センター・エース・リーダーを山本彩一人が担っています。
こんなグループは他にはありません。
これが成立したのは、山本彩が人気と実力と人望を兼ね備えた稀有な存在だったから。
「紅白1位」に輝いたのは、当然の結果と言えるでしょう。
ただ以前は、渡辺美優紀というもう一人のエースがいたのでバランスが取れていましたが、今は山本彩一人になってしまいバランスが悪くなっています。

本来は、一人三役ではなく、別々に存在するほうがグループとしては健全です。
一人に全てが集中するのは、望ましくない。
最も大きな弊害は、その一人三役のメンバーがいなくなったときに、3つの最重要ポストが同時に空いてしまうということです。
これが3つのポストが別々のメンバーであれば、一人が卒業しても他の2つのポストのメンバーがいますので、影響は最低限に抑えることができます。

3つのポストが別々のメンバーで構成され、国民的アイドルグループになったのがAKB48です。
AKB48の全盛期は、以下のメンバー構成になっていました。

AKB48
●センター:前田敦子
●エース :大島優子
●リーダー:高橋みなみ

AKB48の顔であるセンターの前田敦子。
AKB48の実人気ナンバーワンの大島優子。
AKB48の精神的支柱の高橋みなみ。

この3人が正三角形を形成し、AKB48というヒエラルキーの最上部をがっちりと固めていました。
この3人がそれぞれ役割を完璧に果たし、グループとして見事なハーモニーを奏でていたのです。

AKB48が凋落したのは、「センター」「エース」「リーダー」が不在になったからです。
「なった」というのは間違いで、AKB48運営が「してしまった」というのが正しいでしょう。
今のAKB48には、メンバーとファンが認める「センター」「エース」「リーダー」がいません。
そのため、求心力も遠心力も働かず、巨大化してしまったコマが完全に停止してしまったのです。

前田敦子が卒業した後、2代目のセンターには渡辺麻友が座りました。
ところが新センターの渡辺麻友を無理やりその座から降ろしたところから、迷走が始まりました。
そしてエースの大島優子が卒業し、リーダーの高橋みなみが卒業したところでコマは停まりました。
今の本店AKB48は、ヒエラルキーが崩壊してしまっています。

 
では、NMB48は今後どうなるのか?
3つのポストが別々のメンバーで構成されていたAKB48ですら、世代交代は失敗しています。
(※AKB48の復活案は以前書きました。今から再浮上するためには抜本的改革が必要)

NMB48の世代交代は、センター・エース・リーダーを一人三役で担っている山本彩が卒業したときです。
その「Xデー」はおそらく来年。
一気にセンター・エース・リーダーが空位になります。
では誰が後任になるのがいいのか?

 

まずはセンターですが、これは太田夢莉一択。
山本彩から太田夢莉へ。
客観的に見て、これほど完璧な世代交代はない。
NMB48は、太田夢莉がジャストなタイミングで育っていて幸運でした。
太田夢莉という、無色透明のピカピカの最高級ダイヤモンドが次に控えています。

昨年までは関西限定の活動で関東では露出がほぼ0でしたが、12月の有線大賞でのセンターから徐々に関東での露出が増えてきたことで、それまで「太田夢莉」という名前を知らなかったAKB48ファンの中でも知られるようになり、比例して注目度がアップしてきました。
他店ファンに知られるようになるにつれ、太田夢莉のポテンシャルの高さも知られるようになってきています。

太田夢莉にとって幸いしたことは、NMB48加入時に評価が低く運営から押されなかったことです。
そのためNMB48の3期生ということで、本当なら加入から5年ということですから、さんざんこすられ飽きられていてもおかしくないのですが、昨年まではずっと地中に眠っていた(知られていない)ようなもので、新鮮味が全く損なわれていないことです。
もし太田夢莉が加入当時からずっと押されていたとしたなら、山本彩卒業後にセンターになるということは、今更感がありNMB48ファンから支持されなかったでしょう。

太田夢莉は、その抜群のビジュアルが最大の武器。
色白で身長が高く、手足も長く、モデル体型。
年齢も17歳とこれ以上ない最高の年齢。

子供の頃は知りませんが、今はパフォーマンスも溌剌としていて躍動感がありとてもいい。
そして何より舞台映えするので、センターにいるとグループが輝く。

人気も確実に上がってきていますし、メンバーからの信望も厚いので、センターになっても周りが納得するでしょう。
また、現センター・エース・リーダーの山本彩が、自分の後継者に太田夢莉を望んでいることがインタビューなどからも窺えます。
これが大きい。
バトンを渡す人が次に託したい人にバトンを渡すというのが、NMB48物語の連続性から見て最も望ましいことなのです。
人は「物語」に共感し、感情移入するからです。

 

次にエースですが、これも白間美瑠一択。
エースに最も求められる条件は、ズバリ「人気」です。
現在、NMB48で山本彩に次いで人気が高いのは白間美瑠です。
NMB48内だけでなく、AKB48グループ全体でも劇場盤の売上は上位ですから、エースの資格は十分です。

1期生というのが唯一のネックですが、年齢が19歳と若いので問題ありません。
ルックスの良さも大きなポイントです。
さらに歌唱力があるなど、実力面でも問題ありません。

「センター太田夢莉、エース白間美瑠」、正に最強のビジュアルツートップでしょう。
間違いなくAKB48グループでナンバーワンのフロントです。

センターとエースはタイプが違えば違うほど、化学反応が起こる可能性が高い。
前田敦子と大島優子は真逆、山本彩と渡辺美優紀も真逆。
太田夢莉と白間美瑠も真逆。

ショートカットでサバサバした中性的な太田夢莉と、ロングヘアでお嬢様風エロカワ系の白間美瑠は、タイプが全く違うので新たなものが生まれるコンビになるでしょう。

後はNMB48運営が、「センター太田夢莉、エース白間美瑠」を前面に出してグループのプロデュースをするだけです。
間違っても世代交代に失敗したAKB48の二の舞にはならないでほしいと思います。

 

太田夢莉に最も欠けているのは知名度。
ですから、とにかく「関東での露出を増やすこと」、これが最重要事項です。

白間美瑠はAKB48村内では知名度は高いですが、山本彩と比べると一般の知名度がまだまだ低いので、とにかく「外仕事を増やすこと」です。

今後の課題はあるものの、「センター太田夢莉、エース白間美瑠」という理想的なメンバーが揃っているので、次のセンターとエースの座についてはクリアです。

 

問題は「リーダー(キャプテン)」です。

私はNMB48ファン歴が短いので、まだNMB48の人間関係が十分に分かっていません。
そのため、山本彩の後のリーダーは誰が適任なのかが分かりません。
それ以前に、リーダーに相応しいメンバーがいるのかどうか。
いるのならいいですが、もしいないのであれば大問題です。

リーダーに求められる条件は3点。
「リーダシップ」「人望」「人気」。
多くのメンバーを引っ張って目的地に連れていける、そして場合によっては叱ることができる強いリーダーシップ。
また自らが背中で語ることができる(努力家)と、さらに適しています。
メンバー内での人望だけでなく、運営にも信頼がある(意見できる)。
最後は人気、リーダーシップがあり人望があっても人気が皆無ではグループのリーダーに不適格です。

この3点を完璧に備えていたのが高橋みなみです。
それぞれ10点満点で合計30点。
さすがに30点は難しいですが、25点近くのリーダーがNMB48にいるのか?

AKB48は、絶対的リーダーの高橋みなみが卒業し、急激にグループが瓦解してしまいました。
今はバラバラです。
山本彩が卒業した後、バラバラにならずグループをまとめることができる強い求心力を発揮するリーダーが必要です。

NMB48は、「センター太田夢莉、エース白間美瑠」という最強布陣が控えていますので、問題はリーダーです。
「Xデー」まであまり時間は残されていませんので、次のリーダーを早急に用意しないとグループがバラバラになる危険性を孕んでいます。

NMB48
●センター:太田夢莉
●エース :白間美瑠
●リ-ダー: ?

リーダーが誰になるのか、これがNMB48の最も大きな課題です。

 
 

ps,AKB48 「サムネイル」初日公演 感想

2017年5月12日(金)開演:18:15~
AKB48 「サムネイル」初日公演

オンデマで観ました。
眠くなりましたね。
今の本店を象徴しているような公演でした。

本店のセンターは誰なのか、本店のエースは誰なのか、全く分からない。
「顔がないグループ」になってしまいました。

新しい公演にも関わらず、まるで新鮮味がない。
キラキラ感や躍動感がない、面白みがない公演でした。

チーム制も崩壊したまま、放ったらかし。
この公演は昨年の総選挙の上位者から16名選出しているようですが、いかにもチーム制が崩壊している本店らしい「寄せ集め」感が漂う公演でした。

チーム制が壊れたままで何もしないつもりなら、いっそのことアダルトチームとヤングチームにでも分けて2チームにしたらいいんじゃないですか。

このまま何も手を打たないのなら、本店が真っ先に沈むでしょう。
物語を紡ぐことをやめたこと、それがAKB48の崩壊の根本原因です。

センター・エース・リーダーをしっかりと定め、ヒエラルキーを再構築することです。
まずはそこから始めましょう。

 
 

2017/05/13 08:48