最近の太田夢莉について&NMB48のオーディションの感想

NMB48・太田夢莉 可愛い

NMB48・太田夢莉 お洒落

 

NMB48・太田夢莉

ものもらいの治療をしてから以降、ここ最近のビジュアルの仕上がり具合が凄い。
贔屓目抜きに、段違いに可愛い。

最近のゆーりを見ていて一番感じること、それは一言「もったいない」。
※何度も書いているか(苦笑)

↑上の画像をご覧下さい。
これは最近始めたインスタにアップされた最新のゆーり画像。
水着グラビアは一切止めて、この方向性の売り出し方でいったほうがいいと思いますけど(特にJKの間は)。
世間一般にも突き刺さりますよ。
ビジュアルアイコンになれるのはもちろんですが、ファッションの猛勉強をしてファッションアイコンにもなれる。
伸び代があり過ぎるので、どの才能を伸ばすのか、セルフプロデュースの岐路ですね。
私は、上記の2枚のインスタ画像のような、お洒落で可愛い路線をメインにして、そこにクールでカッコイイ性格のギャップをプラスして行ってほしいと思っています。
どこまでも正攻法。
エロ路線だけはやめてほしい。
その路線は勝ち目、勝機はありません。

何度も書いていることですが、最近ようやく押されていますが、今まで押され方が中途半端だったためにいまだAKB48ファン、大票田の関東ファンにあまり知られていないことが本当にもったいない。
何しろ2007年からAKB48推しだった私ですら、昨年9月まで知らなかったくらいですから。
まだ全然関東に届いていません。
箱根の山のはるか手前で止まっています。
46グループにごっそりもっていかれた関東ファンを奪い返すことができるのは、ゆーりを顔にしたNMB48しかありません。
いい加減、深夜の関東地上波の枠を46グループだけで独占するのはやめてもらいたい。
もう食傷気味でまるで面白味がありませんし、そろそろNMB48、SKE48などの48グループの姉妹グループにも回してもらいたいですね。

この大器を、AKB村内で留めておいていいんですかね?
ああもったいない・・・

まだ17歳。
間違いなく「AKB48グループの最終兵器」です。
しかしどんなに強力な破壊力がある兵器でも、使われなければ単なるガラクタに過ぎません。
使うのは運営ですから、こればかりはどうすることもできません。
NMB48運営が、「人を見る目がある」ことを祈るばかりです。

ファンとしてできることは、とにかく目の前の総選挙で1つでも上の順位に押し上げること、それ以外ありません。
ですからファンの一人である私としても、できることをしなければいけませんので、柱を増やすことにしました。

私の今の気持ちは、「ゆーりの存在をもっと多くの人に知ってもらいたい」、それだけです。
ゆーりは露出すればするだけ、知られれば知られるだけ評判になり、黙っていても人気が上がっていく”本物”だからです。

 

ゆーりのことで以前から気になっていることがあります。
それは姿勢の悪さです。

気を抜いたとき、首がかなり前に出ますよね。
広義の猫背。
身長が高い人に多い傾向。
周りから注意されないのだろうか?

そう思っていたら、ゆーりの姿勢の悪さの原因が分かりました。
5/23、公演前にBⅡメンバーとSHOWROOMをしたときです。
『身長何㎝?』というコメントを拾ったときに、『あんまり言いたくない』と語り、隣にいた梓(植村梓)から『気にしているもんな』と言われ『気にしている』と答えていました。

あれを観たときに、謎が解けました。
ゆーりは自分の身長が伸びることをネガティブに捉えているんですね。
これ以上身長が高くなりたくないため、自然と猫背になっているのだと思います(潜在的に少しでも低く見せたいという心理)。

いやー、分からないものですね。
身長は武器なのに。
身長がなくて困っているアイドル・芸能人は数多くいます。
これからのアイドルは、身長が高いほうが一般受けします。

また、正面が可愛いメンバーはそれなりにいますが横顔が残念、そういうメンバーが多い。
そんな中、ゆーりは横顔がとても綺麗。
それも武器の一つ。
ですが、姿勢が悪いとせっかくの綺麗な横顔が台無しになります。

いずれにしても、姿勢が悪いと印象・見栄えが悪くなるので、首が前に出るのは矯正したほうがより一層ビジュアルが生きると思います。
骨格が固まってしまう前に直してほしいです。

身長があるのは長所です。
自信を持ってほしいですね。

 

ゆーりがInstagramを再開しました。
これは朗報。

お洒落な感じでいいです。
インスタのターゲットは若者層ですね。

インスタを成功させる、つまりフォロワーを増やすには闇雲に更新してもダメでコツやポイントがありますから、それを知った上で上手に活用してほしいです。

ゆーりには最強のビジュアルがありますから、上手く活用すればファン層を大きく拡大することができます。

楽しみが一つ増えました。

 

 

NMB48「ここにだって天使はいる」メンバーオーディション !!

リアルタイムでは観れませんでしたが、SHOWROOMで配信されたオーディションの動画を観ました。

とてもいいですね。
真剣に戦う姿は清々しいし美しいです。

フリを何度も間違ってしまうメンバー、最初から間違えて最後までグズグズになってしまったメンバーなどもいましたが、一所懸命に頑張る姿勢は伝わってきましたし、NMB48のレベルの高さがよく分かるリアルなオーディションでした。

全体的に感じたのは、やっぱりキャリアがある先輩はスキルもあるし、経験豊富なので落ち着いていたな、ということですね。

最も印象に残ったのは、小嶋花梨のジッパー。
上手かったです。

最も驚いたのは、須藤凜々花。
審査員の先生達も言っていましたが、ドラフト、そしてデビュー前後、とにかくダンスが下手でした。
下手ではないですね、ド下手でした。
こんなレベルでNMBでやっていけるのかと心配になる酷さでしたが、すっかりダンスが綺麗に踊れるようになっていて、驚きました。
人は努力で苦手をここまで克服できるんだな、と感心しました。

武井(武井紗良)は、審査員との受け答えから、結構賢いことが分かりました。

NMB48の次世代メンバーは、本当に粒揃い。
心が折れることなくなんとか3年頑張ってほしいです。
3年後に花開きそうな子が何人もいます。
性格はまだよく分かりませんが、梅山恋和はルックスがいいので将来跳ねそうな可能性を感じます。

しかし、3年後にグループ自体が消滅してしまっていたら話にならないので、そういう意味でゆーりを中心にしたグループを早急に固めることを真剣に考えてほしいと思っています。

それと流石だなと思ったのが、オーディションにも関わらず要所要所に笑いがあったことです。
「ハゲてねえし!」というやり取りと、「コジマだよ!」というやり取りが関西らしくてとてもよかったです。
オーディションに笑いなんて、他のグループでは絶対にないですから。

「NMB48は本当に楽しいな」とあらためて感じたオーディションでした。

 

 

2017/06/04 08:10