NMB48ニューシングルと太田夢莉についてファンとして思うこと

NMB48ニューシングルと太田夢莉についてファンとして思うこと
↑可愛い!

 

ベストヒット歌謡祭を観ました。

 

48&46グループから、乃木坂46、NMB48、欅坂46、AKB48が出演しましたが、AKB48の「11月のアンクレット」が一番いい曲とは・・・
ここ数年の楽曲のレベル低下は目を覆うばかりです。
AKB48には綺羅星の如く名曲の数々がありますが、そのほとんどがAKB48の12年の歴史を4年周期で前・中・後期と分けると前・中期に集中しています。
やはり製作者の情熱と比例するのでしょう。

 

NMB48の17thシングルが初披露。
「ワロタピーポー」。
語る価値もない凡曲。
話題性オンリーの炎上曲。
楽曲としての出来は、「まさかシンガポール」のほうがはるかにいい。
ただネタ曲としてアリと言えばアリなのかもしれないという、話題になってナンボの曲。

この曲は、例の結婚騒動がモチーフ。
HKT48の9thシングル「バグっていいじゃん」と同様の流れ。
秋元氏は48グループに関しては数人の自分のお気に入りしか興味がないのは明白。
まず間違いなく若手メンバーの名前も顔を分かっていないでしょうね。
顔と名前が一致するメンバーはごく少数だと思います。
自分のお気に入りに何か目立つ出来事が起こった場合は、それをテーマにして楽曲を作っています。
その典型的な曲です。
そんな状態ですから、世間に響くヒット曲が生まれるはずもない。

「恋するフォーチュンクッキー」がヒットしたのは、秋元氏の最もお気に入りの指原莉乃のために気持ちを入れて楽曲を作り込んで、さらに大規模なプロモーションを展開した結果です。
「365日の紙飛行機」が一般に普及したのは、NHKの朝ドラのテーマ曲という大仕事だったために丁寧に楽曲を製作したからです。
秋元氏が本気を出せば今でも世間に突き刺さるヒット曲を出せると私は思っていますが、48グループに対して本気を出す気配は残念ながら現在ないのが残念ですね。

 

センターはみる(白間美瑠)でした。
事前にネタバレしていましたので、『ああやっぱりか』としか思いませんでした。
ネタバレがない時点でも、個人的にはみる80%、ゆーり20%程度だと予想していたので、何も驚きませんでした。
ゆーりは「まさかシンガポール」に続いて序列2位ですね。

 

ゆーりに関してですが、次の夏曲で単独センターを強く希望します。
ゆーりは冬曲より夏曲のほうが断然似合うので、シングルが年2枚ペースなのであれば、次はゆーりをセンターにしてNMB48は勝負してほしいです。
NMB48を発展させるための起爆剤に必ずなるでしょう。
仮に私がNMB48の運営の権限のあるポストにいたとしたら、17thはみるをセンターにして、18thはゆーりセンターにするでしょう。
いずれにしてもこの2人が今後のNMB48のツートップですし、私は以前から「太田夢莉センター&白間美瑠エース」がベストだと思っていますので、NMB48運営を信じたい気持ちです。
1期生をずっとセンター(グループの顔)に固定し続けるのは、組織の閉塞感が増すだけでメンバーもファンもモチベーションが落ち、それはグループの停滞を招くことは、某グループを見れば明らかです。

 

高校卒業後にNMB48に専念することを表明したゆーりに我々ゆーりファンができることは色々とありますが、最も効果が高いのは2点。
「総選挙順位」と「NMB48シングルの劇場盤売上」です。
この2点で結果を出すことが、ゆーりの今後の活動に直結しています。
これは”ガチ”メンバーに共通していることです。
権力者のお気に入りメンはこの2つの結果・数字に関係なくゴリ押ししてもらえますが、そうでないメンバーはこの2点で結果を出さないと上にはいけません、前には出れません。
そういう点では、我々ファンが直接的に押し上げる必要があるということです。

 

ゆーりの場合、来年「総選挙16位以内」「NMB48シングル劇場盤フル完売」。
この2つを実現することができれば、一気にトップに押し上げることができます。
これが最優先です。

ゆーり単独センターを実現させるためにも、「総選挙16位以内」は必須です。

 

次に「本店シングル劇場盤売上」が重要になりますし、さらにグッズ、掲載雑誌、リクアワなどのイベント結果等々色々とありますが、推しメンをトップにまで押し上げるのはなかなか手間と時間がかかり、さらに「数」と「熱」が必要です。
私は過去にトップメンを推していたのでその大変さはよく分かっていますが、でもただ大変なわけではなく推しメンが活躍すると大変さをはるかに上回る喜びがあるので、ものすごく推し甲斐があるものです。
ゆーりの今の輝きや活躍を見ると、本当に推し甲斐があるメンバーなので、ファンとしてとても楽しいなと実感しています。
「お仕事」は楽しいばかりじゃありませんが、「推し事」は楽しい。
やっぱり楽しみながら応援しないと、長くは続きません。

 

私は握手会には行かないのでそちらではあまり貢献できないのですが、その分総選挙の投票では頑張るつもりです。
ゆーり自身が来年の総選挙で選抜入り(16位以内)を目指している以上、その願いを叶えるためにも私は全力で戦います。
まだ半年以上先の話ですが。

まずは一つひとつですね。
近いところだと、NMB48の17thシングル、本店リクアワ。
それが終わったら、次はいよいよ天王山です。

 

 

ps,モバメ写真

11/18に送られてきた5通のモバメの前3通の自撮り写真がとても可愛かった(4・5通目が可愛くなかったという意味ではありませんw)。

 

 

2017/11/19 08:10