太田夢莉 日本有線大賞でNMB48センター

太田夢莉 日本有線大賞でNMB48センター

これが”華”だ。

 

日本有線大賞のNMBの「僕はいない」で、ゆーりがセンターをつとめた。

 

これでいい、これで。
遅すぎたという意見もあるかもしれないが、今のその時。
運営が押す、今がベストタイミングだ!

 

NMB運営が試される番がきた。
ただ、NMB運営は、さや姉の後のセンターにゆーりを固定にする気はないのだと思う。
何故ならつい先日は、入ったばかりの5期生をセンターにしていたからだ。
遡れば、「ドリアン少年」では須藤凜々花をセンターにしていたし、今後の歌番組では、センターを渋谷凪咲や薮下柊にする可能性がある。

 

しかし、若手の中でコロコロとお試しセンターをしていると、結局さや姉との差は広がるばかりになる。

 

NMB運営が有能か無能か、もうすぐ判明する。
先述した通り、若手でセンターをローテーションするようなら完全に無能。
一番やってはいけない悪手。
ゆーりをセンターに押すようようなら、間違いなく有能だ。

 

そろそろセンター本命を、ゆーりに決めたほうがいい。

 

なお、ゆーりとさや姉、ゆーりとみるきーをあれこれ比較するのは愚の骨頂。
さや姉はさや姉、みるきーはみるきー、ゆーりはゆーりだ。
それぞれ性格もタイプも全く違うのに、比較するのはバカがすること。
何の意味もない。

 

グループアイドルのセンターにとって最も必要なことは”華”である。
それがあるかないかの問題。
ないメンバーは、どんなに可愛くても、歌が上手くても、ダンスが上手くてもセンターには向かない。
センターには向き不向きが明確にある。

 

極論すれば、ルックスは並、歌やダンスも並でも、”華”があればセンターに適しているのである。
その点、ゆーりはずば抜けた個性がある可愛いルックスがあるので、それだけでも強い武器を持っていることになる。

 

ゆーりには、圧倒的な”華”があるので、センターにどんどん立たせて経験を積ませたほうがいい。

 

今日のゆーりはたぶんかなり緊張していたのだろう、表情が硬かった。
あきらかに経験不足が原因だ。

 

NMB運営は、そろそろ肚を決めたほうがいい。

 

それができるかどうか、それがさや姉卒業後のNMBの未来を決めることになる。

2016‎年‎12‎月‎5‎日‎ ‎21‎:‎42‎:‎13